-

クレカを解約するということ自体は案外たやすいのだが使用取りやめにするをする上で見ておきたい事柄なども覚えてしまえば、クレカの契約解除申請などもうまく実行することがたやすくなるはずです。

実際に注意する点を執筆整理しましたため余裕があれば参考にしてみてほしい。

カード加入の直後時間をおかず間髪入れず試用不可能化を行ってしまうのはやめておくべき:カード加入手続きしたのちすぐに手に入れたクレジットカードを無効化を行った場合申請を受け付けるべきでない人間という風にクレジット会社の内部で認定されてしまうという意図せぬことがあるのです(極端な想定ですがしょっちゅう加入⇔契約解除申請するということをしてしまったというとき)。

特筆すべきは加入優待サービス目当ての加入の場合にはギフトカードや限定特典といった申請時の利点を味わったというような理由で即座に契約失効の電話を行いたくなってしまうような気持ちもうなずけます。

とは言うもののクレジットカード会社から見た観点から検討してみればそういった利用者に関して決して会社の準備するクレジットカードを使って余計なコストを増やしたくないというように考えるとしても納得するしかないでしょう。

たとえ入会時の限定特典を狙ってカードを作った場合でも、直ちに無効化実行せずとにかく1年の半分、可能であれば契約後1年の間は所持しているクレジット自体を有効にして登録解除はその後に行うというような工夫をするべきだと念を押させて頂きます。

一方で申請時のサービス・ポイントのみに終わったことではなく何となく登録して財布に入れてはみたけれども使わないから早く解約したいというように考えてしまう時においても、最低でも6ヶ月経つ間は財布の中のクレジットカードを所有し続けて欲しい。

登録するの何となく思っているのとは裏腹にクレジットという品物を一から用意する用の経費というのは生じてしまうものなので、ほんの少しでも手間を減らしてあげようというふうに思いやってもらえるのならば良いと考えれます。

Category

リンク