-

自動車事故は、自損事故と誰か別の人が関わった車の事故があります。76-12-27

自分だけの事故の場合はあなただけで処理が済めば完了となりますが、別の人が巻き添えになった車の事故はそれぞれにどの程度過失があったのかをチェックしてそれにより愛車の修理費や示談金の額の金額等が決定されますので保険会社の担当の人にも参加してもらい調整が必要不可欠です。76-17-27

多くの自動車事故の場合、それぞれにちょっとは間違いがある場合が大部分で一方だけの手落ちが問われるというケースは少ないようです。76-20-27

言うまでも無く赤信号無視や一旦停止無視などはかなり重大な責任になりますが被害を受けた側にも責任があると判断されます。76-8-27

自動車事故の場面ではどの運転手の過失が原因で起こったかという決着がすごく重要なポイントになってくるのでこれを数字で表したものが《過失割合》と呼ばれるものです。76-4-27

例として、上記の赤信号で止まらなかったり、一時停止しなかった場面ならば、道路交通法のルール上100%手落ちがあるように思いますがその場面で事故の原因になった自動車が前の方からこちらに向かってきていて目で見て確かめられる状態だったとしたら被害者だったとしても注意不足であったとして10%ぐらいの責任が認定されるかもしれません。76-14-27

この場合は事故を起こした方が9割自分1割の過失の割合となりミスが大きな側に大きな落ち度が問われます。76-19-27

またこの割合事故判例を参考にして結論をだされる場合が大部分で日弁連交通事故相談センターから明示されている基準となる表等がベースとして用いられています。76-1-27

この過失割合で、値が大きければ大きいほど責任つまり損害賠償額も大きくなるので事故後の話し合いは当事者だけでなく自動車の保険の担当の人を交えきちんと話すことが不可欠です。76-9-27

76-15-27

Category