-

明細レシート保有義務はある。答えから冒頭で言うと重要な意味は特にない。人それぞれ保持することによって自身が利用した内容を残したいと思う場合であれば保管すればいいのですし、そういった証跡は無くても問題ないと思うのであれば残しておく必然性はない。しかし郵送される利用明細書との照合の時においては必ず上述の利用レシートが不可欠です。明細レシートをそれまでは保管していないとなると、どの場所でいつ頃どれだけの金額を利用したのか?についてわからなくなるだけでは済まず、誤請求であったりダブり等の照らし合わせさえも不可能になってしまうので気をつけなければなりません。おそらくクレジットカードを使った内容については明細レシートがない限りは記憶できません。短くても明細書が送付される程度はしっかり明細を所持したいものである。カードのレシート処分法・・・クレジットカードのレシート廃棄手段はすごく単純なのです。人に不正利用されないよう、バラバラに破って捨てるだけで大丈夫なのである裁断機などが自宅にあるならば念には念を入れて使うのもありでしょう。クレジットの利用履歴を証明している明細レシートなのだからカードNoなど、個人情報について判別できるものがたくさん書いてある。普通の明細レシートと油断せず処分は慎重に行なったほうがよいでしょう。また、今では悪用防止のためにレシートにカード番号などの機密の情報が表示されないケースも出てはいるが、過度な安心は禁物です。

Category

リンク