-

いきなり出あってしまうのが事故です。その状況でどのように対処したことによって、自動車の保険金の額もかなり変わることもあるので落ち着いた判断と対応力が重要です。考えていない出来事に遭遇して冷静さを失ってしまうのならば大事な状況を見逃してしまい、それからとても大きな損を受ける場合もあるので自動車事故を起こしてしまった場合には適切に次に記述した行動を行いましょう。交通事故を起こした場面でまずする事は負傷者の状況を確認する必要があります。乗用車の事故の後すぐは動揺してぼうぜん自失となってしまう場面があり容易に対応できないのが当たり前です。ですので、負傷者がいたら危なくない地点へ移動してから応急処置を行って救急車を呼ぶなどを行い怪我人第一に努める必要があります。救急車に連絡する場面では的確な事故があった場所を告げて良く分からない場合は周囲の目立つお店や地点を伝えてその地点が分かるようにします。その後で警察署に連絡し車の事故があった旨、簡単に状況を知らせます。救急車と警察を待っている時間に負傷者のことをチェックします。姓名、住んでいるところ、連絡先、免許ナンバープレートの番号、事故相手の保険会社名等相手だけでなく自分の情報を言います。この場面で事故相手に過失があるような状態ではそこでやりくりしようとする状況が存在しますが現場でうやむやにするのではなくどういった状態でも警察署や自動車保険会社に届け、公平にチェックしてもらうことが重要です。お互いの身元を言ったら他の車の邪魔になるのを避けるために妨げになる物路上から取り除きます。万が一障害物が通りかかった人の自動車の障害物になっている時には、互いの情報交換をする前にその作業を行ってしまっても問題は起こりません。この後に自分自身の入っている自動車保険の会社に電話をして自動車での事故が起こった事を報告します。自動車での事故から特定期間内のうちに車の保険会社に連絡しておかないと自動車保険の適用除外にされる状況も想定されますのでなるべく時をおかずに行うことが大切です。可能であれば事故内容の証拠になるように、コンパクトカメラやスマホで事故現場や車の壊れた箇所を見ることができる写真を撮っておきます。この証拠写真は過失がどのくらいあるのか決めるかなり重要な手がかりとなるので自らの乗用車や相手方の車の破損箇所を全部証拠に残しておくことが重要です。この際に近くに人がいたならば警察の人や自動車保険会社の人が辿り着くまで現場に待機してもらうよう求めることも重要です。

Category

リンク